2011年06月06日

大会社

大会社_001.png


【大会社】

 文字を見ただけでも何となく想像つくのが大会社です。ずばり大きな会社です。ふざけてるわけではなく、最終事業年度にかかる貸借対照表に計上された資本金が5億円以上または負債が200億円以上の会社を言います。注意して下さい、かつではなくまたはです。つまりどちらかの条件を満たした時点で大会社となります。

 さて、会社法ではすでに公開会社をご紹介したと思います。この公開会社は株式に譲渡制限を1株でもかけていない会社でした。ではなぜこの様な分類をする必要があるでしょうか?

 少し考えてみると、公開会社や大会社は(そうでない会社と比べて)規模が大きそうだなぁという印象は受けませんか?規模が大きければ株主や債権者などの利害関係者も大勢いそうですよね?つまり社会に与える影響が大きいのです。影響が大きければ、影響の少ない会社と同等の規律で縛るのは少々おかしなことになりかねます。だから、公開会社・大会社特有の規則が存在するのです。簡単に言うと、やることが増えるんですね。

 じゃあ実際に何が違うのか?実はそれはたくさんありすぎてここでは説明しきれません。ですので、今後の各論点において必要に応じて説明していきたいと思います。ではでは。


posted by 蒼麟 at 00:00| 会社法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。