2011年06月12日

株式会社の機関設計A

株式会社の機関設計A_001.png


【株式会社の機関設計A】

 前回お話したのは必置機関である株主総会(株主の集まり)と取締役ですが、今回はそれ以外の機関についても簡単に触れながら、全体的な機関設計についてご説明したいと思います。

 株式会社には

@株主総会
A取締役
B取締役会
C監査役
D会計監査人
E監査役会
F会計参与

といったような様々な機関が存在します。@Aは必置、B〜Fは会社の分類により必置・任意設置・設置不可となります。そして、会社の分類というのが以前ご紹介した公開会社・大会社・委員会設置会社(こちらはまだですが)なのです。

 例えば、A社とB社は公開会社で大会社としましょう。すると、必置機関は当然同じになりますが、任意機関は設置が任意なので、A社は設置、B社は不設置ということも考えられます。このように会社の分類や機関の設置不設置により、実に30種類を超える機関設計のパターンが考えられるのです。

 社会に与える影響が違えば、備えるべき内部機関もそれ相応に変えるべき。機関設計の趣旨を一口で述べればこんなものになるでしょうか。


posted by 蒼麟 at 08:00| 会社法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。